【仮想通貨】gate(ゲート)の特徴や登録方法をご案内!プリセール情報も!

【仮想通貨】gate(ゲート)の特徴や登録方法をご案内!プリセール情報も!

Gate.io(ゲート)は、経済危機を乗り越え、今では毎日何千パーセントも成長している急成長市場で成功しています。今回はGate(ゲート)の登録方法や使い方、特徴などを解説していきます。話題のプリセールも行っていますので、期待しています。

gate(ゲート)の登録方法は?

プリセール参加したいけど、いい取引所ないかな?

gate(ゲート)が安くておすすめだよ。

gate(ゲート)の特徴などについても知りたいだろうけど、さくっと登録方法から解説します。

登録はこちら
  1. 上の登録ボタンをクリック
  2. ユーザー名とメールアドレスを入力します。
  3. メールが届いたらURLをクリック
  4. gate(ゲート)の登録は完了です。
gate(ゲート)登録画面

続いて2段階認証をしていきましょう。

2段階認証のやり方【 google authenticator 】

仮想通貨取引所ではセキュリティ強化のために2段階認証を推奨しています。
2段階認証の登録を行えば万が一、IDとパスワードが流出してもハッキングを防ぐことができます。
ここではgoogleのgoogle authenticatorを利用して2段階認証を設定していきます。アプリをインストールしていない方はこの機会にインストールをしてみてください。仮想通貨を取り扱う場合は必須のアプリです。個人情報の登録などなく無料で利用できます。

では、2段階認証の登録をしていきます。

1.右上のIDをクリック⇒setupをクリックします。
(スマホの場合は自分のアドレスをクリックして歯車マーク)

gate(ゲート)登録画面_2段階認証

2.Two-factor Authenticationのところで、設定をします。
 右側のボタンをクリック

3.下のほうにQRコードと32文字程度の文字列が表示されますので、この文字列を保存しておきます。携帯を紛失したり、故障した際にないと二度とログインできなくなる恐れがありますので、必ずバックアップをしてください。

4. google authenticatorのアプリを利用してQRコードをスキャン、もしくは google authenticatorのアプリ に③の文字列を入力して登録をします。

5. アプリに6桁の数字が表示されますので、その数字を2FA Codeという欄へ入力します。時間制限がありますが、切れてもまた別の数字が表示されますので慌てないで大丈夫です。

6. 入力が完了したら2段階認証の登録が完了となります。

本人確認(KYC)について

gate(ゲート)の出金やプレセールの参加にはKYCが必要です。
サクッとやっておきましょう。

2段階認証と同じく設定画面から申請が可能です。
私の場合は数時間で完了しました。

免許証でも通る可能性はありますが、パスポートが間違いないです。
他の取引所と同じように、正面の写真と顔写真のあるページ、後はパスポートを持った自分自身の写真が必要となります。

入金方法について

100万人以上がgate.ioで取引をしています。誰でもEUR、USD、KRW、BTC、LTC、XRP、DOGE/ICXを入出金することができます。gate.ioは即時入出金が可能なので、暗号通貨の取引に最適な場所です。

gate(ゲート)への入金は設定画面のdeposit/withdrawから可能です。

gate(ゲート)の使いかた入金出金

出金方法について

後日記載します

gate(ゲート)の特徴

Gate.ioは着実に成長しており、取引量の多い取引所プラットフォームのトップ10に常にランクインしています。同社は、世界最大級のグローバルマーケットプレイスを保有しており、ユーザーは世界中の金融商品を売買することができます。ゲートの強みは、これらの取引ユーザーにパーソナライズされた体験を提供することにあります。 ゲート社のユーザーインターフェースの特徴と利用可能な機能・特徴により、ユーザーは簡単に取引を開始することができます。
ゲートはすべてのユーザーにとって安全なプラットフォームであると考えられます。

Gate.ioを利用することで、加盟店はビットコインの受け入れを成功させ、それをグローバルに行うことができるようになるようです。これが良いことなのか悪いことなのかは意見が分かれるところですが、少なくとも、何を提供することになるのかは分かっています。この取引所プラットフォームは、CoinbaseやKrakenなどのデジタル通貨取引所と、InstawalletやJaxxなどの暗号通貨ウォレットの両方を提供できるように構築されています。これに加えて、gate.ioは、中国では「”fiat gate”」、韓国では「”fiat payments gate”」の商標を出願しています。後者は、単に「”fiat payments gate”」と訳されています。